RESIDENCE低層レジデンス

杜を纏い安らぎを生む、
低層邸宅。※1

外観完成予想CG

住まうための環境が護られた、
住居系地域。

用途地域において、住居の環境を護るために定められた「第一種住居地域」に属す現地。
大規模な店舗や工場、パチンコ・カラオケ店等の遊戯施設などは建てられず、
閑静な住環境が期待できる。

現地周辺の街並み

現地周辺の街並み(徒歩14分/約1,080m)

用途地域概念図

用途地域概念図

閑静な住宅街の「低層邸宅」であるということ。

連雀通りを一歩奥へ入ると、種々の広葉樹が混じり合った
武蔵野の雑木林を思わせる木立が見えてきた。
葉の隙間から足元に落ちる、柔らかな陽の光。その心地よさに
導かれるように歩を進めれば、低層の佇まいが顔を覗かせる。

敷地配置・周辺イメージイラスト 敷地配置・周辺イメージイラスト

現地西棟(5階)より撮影(2018年6月撮影)

外観完成予想CG